So-net無料ブログ作成

怒る猫と水分補給オヤツ [こてつ]

あっち行けにゃ~っ!![猫]
DSC02947 (1).JPG
激おこぷんぷん丸のこてつ。
爪切りと耳洗浄のため病院へ行ってきたのである。
DSC02946 (1).JPG
濡れたお顔や手足を拭くだけなのに、毎回めちゃくちゃ怒られる猫母だ。
DSC02957 (1).JPG
余計なお世話にゃ。自分できれいにできるにゃ[猫]
DSC02959 (1).JPG  DSC02964 (1).JPG
グレグレ猫との仲直りにはやっぱりおやつが一番。
DSC03921 (1).JPG
AXIAの「食事で上手に水分補給」のまぐろフレークが大好き。
しっかり食べて水分採りましょう♪
DSC03922 (1).JPG
食べきりサイズで一袋17kcalしかないのがいい(#^^#)
お疲れ様でした。
DSC03718 (1).JPG


おまけ。
先に常設展の「ねこさがし」を記事にしてしまったが、本来の目的は特別展「浮世絵ねこの世界展」だった。
RXV03925 (2).JPG
猫好きで知られる歌川国芳をはじめ、広重、国貞、豊国らの作品が勢ぞろい。
美人画の中の猫、役者絵になった猫、化け猫などなど、まさに猫まつりだ。
RXV03926 (1).JPG
歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」の一部。猫がぎっしり。
RXV03928 (2).JPG
大阪会場の特設コーナーのみ撮影OKだった。
この招き猫、住吉大社で「初辰の日」に授与されるもの。
RXV03921 (1).JPG
奇数月には左手(家内安全)、偶数月には右手(商売繁盛)をあげた初辰猫が授与される。
48体集めると満願成就となり、一回り大きな猫と交換できるそうだ。
元祖「ねこあつめ」かな(#^^#)
RXV03922 (1).JPG
ここからは常設展。
10階が古代フロア。難波宮大極殿が再現されている。
RXV03935 (1).JPG
窓からはこの難波宮の跡地が見える。
RXV03931 (1).JPG
9階は中世・近世。天下の台所と呼ばれた水の都・大阪の風景がある。
必死でジオラマの中の猫を探したのはこのフロアだ。
RXV03946 (1).JPG
8Fは実物大の発掘現場、7Fは近現代の大阪。
日本人より外国人観光客の方が多かった気がする^^;

nice!(118)  コメント(26) 
共通テーマ:ペット