So-net無料ブログ作成

なかなか返してくれない猫 [こてつ]

こてつ、かあちゃんのスリッパ返して。
DSC05397 (1).JPG

ボクの枕にするにゃ[猫]
DSC05409 (1).JPG

落ちてたの拾ったにゃ[猫]
DSC05412 (1).JPG

こてつ、とうちゃんのどてら返して。
DSC06033 (1).JPG  DSC06037 (1).JPG

こてつには大きすぎるでしょ。
DSC06052 (1).JPG

ボクの方が似合うにゃ[猫]
DSC06042 (1).JPG

こてつのねむねむルシャ。
DSC03104 (1).JPG

こてつの猫テント。
DSC04396 (1).JPG

こてつのハンモック。
DSC04453 (1).JPG

こてつのトンネル
DSC04342 (1).JPG

こてつの猫ベッド。
DSC05365 (1).JPG

こてつのお家。
DSC04725 (1).JPG
こてつのものはこてつ専用、下僕のものはこてつと共用。
誰が決めたわけでもない我が家の不文律だ。

おまけ。
インドネシア料理「ウブドスチ」のつづき。
DSC05933 (1).JPG
ビールからアラック(ココヤシが原料の焼酎)にかえて、アテをどんどん食べる。

バビゴレン トゥプン 豚のから揚げ.JPG
バビゴレン・トゥプン(豚のから揚げ)
ルジャック フルーツサラダ.JPG
ルジャック(フルーツサラダ)
全般に甘辛い味付けが多くて食べやすいのだが、このサラダが見た目に相反して激辛!! 
アヤムゴレン 鳥のから揚げ.JPG
アヤムゴレン 鳥のから揚げ
チャプチャイ 野菜炒め.JPG
チャプチャイ 野菜炒め.
DSC05932 (1).JPG
世界中どこでもニャンコは人気♪

DSC05986 (1).JPG
ミーゴレン(インドネシアの焼きそば)

DSC05992 (1).JPG
ダダールクラパ(バリクレープとココナッツアイス)
DSC05993 (1).JPG
ブブルインジン(黒米とココナッツアイス)

満腹・・・というより食べ過ぎ。
健康診断の結果をあーだこーだと気にしながら、お構いなしに食べるオッサンとオバチャンの「怪店会」。
年に2~3回だからよしとしよう(^-^;


nice!(117)  コメント(33) 
共通テーマ:ペット

高速猫パンチ炸裂な猫 [こてつ]

爪が治ってきたので、久しぶりに出した獣毛のオモチャ。
DSC05555 (1).JPG

いきなり食いついた。最近「シン・ゴジラ」をテレビで見たせいか、こてつがゴジラに見える(^-^;
DSC05686 (1).JPG   DSC05669 (1).JPG
突然飛び出した連続猫パンチ動画(14秒)。決して早送りではないので、念のため^^;
ものすごい超高速、それも激しく横方向なのが笑える。

DSC05676 (1).JPG
捕まえた後はギリギリ音をたてて噛む、噛む。

DSC07683 (1).JPG
これを見ると、下僕を噛む時は手加減してくれているのだな、と思う。

DSC07686 (1).JPG
十分痛いけどね(^-^;

おまけ。
ちょっと変わったものを食べる会「怪店会」。
DSC_2598 (1).JPG
インドネシア料理「ウブドスチ」編。

DSC05937 (1).JPG
インドネシアのビール、バリハイとビンタンで乾杯。

ウンピン 銀杏せんべい.JPG
ウンピン(銀杏せんべい)ほろ苦い。

DSC05953 (1).JPG  ルンピアゴレン 揚げ春巻き.JPG
カシスオレンジ。              ルンピアゴレン(揚げ春巻き)

ガドガド 温野菜をピーナッツソースで.JPG
ガドガド。温野菜をピーナッツソースで

DSC05935 (1).JPG
店内は不思議なインテリア・・・。

バビグリン 豚のオーブン焼き.JPG
バビグリン(豚のオーブン焼き)一日限定10食。

サテチャンプル 串焼き.JPG
サテチャンプル(串焼き)

DSC_2589 (1).JPG  DSC_2596 (1).JPG
インドネシア料理、次回に続きます。


★ワクチン後、元気半分だったこてつ。ほぼいつも通りに戻りました。
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございました。

nice!(138)  コメント(37) 
共通テーマ:ペット

ワクチン翌日の猫 [こてつ]

ワクチンを打った翌日の朝。
DSC05251 (1).JPG

普段どおりごはんを食べてコロコロタイム。
DSC05255 (1).JPG

気持ちよさそう♪ ここまではほぼいつも通り。
DSC05261 (1).JPG

その後、あそぼ~と誘いにはやって来るけれど、オモチャを出しても遊ばない。
DSC05298 (1).JPG

イライラした様子で猫母にガブガブ八つ当たり。
DSC05275 (1).JPG

レンジフードに上がったり、夏用猫ベッドの洗濯をのぞき込んだり落ち着かない。
DSC05279 (1).JPG  DSC05323 (1).JPG

午後になってようやく眠り始めた。ナマコ猫だ。
DSC05334 (1).JPG
寒くても生首。ほかほか床暖房のおかげである。
DSC05349 (1).JPG

晩御飯の後は猫ハウスでウトウト。まだ本調子ではないのか、眠いだけなのか^^;
DSC05351 (1).JPG

どんなに寝ていても、時計が読めるのか?と思うくらい正確に、ごはんとオヤツの時間には起きてくる。
DSC05354 (1).JPG
元気はいつもの半分ぐらいだけれど、発熱もなく、快食快便。
普段あまりに元気なので、動かなかったり、いたずらしに来なかったりすると妙に心配になる。
ワクチン後、ストーカーのごとく猫に付きまとった2日間終了だ^^;

おまけ。
今年の紅葉もお出かけのタイミングを逃して近場の天王寺公園のみ。
DSC_2566 (1).JPG

カエデは少ししかないけれど、誰もいないのがいい^^;
DSC_2560 (1).JPG  DSC_2514 (1).JPG

茶臼山からあべのハルカスをパチリ。天気がいいとスマホでもそこそこ撮れる。
DSC_2525 (1).JPG

美術館の周囲にはイチョウがいっぱい。     これは椿か山茶花か??
DSC_2575 (1).JPG  DSC_2528 (1).JPG

池には鴨がのんびり。
DSC_2536 (1).JPG


遊歩道にもチラホラ紅葉。

DSC_2552 (1).JPG


あべのハルカスはどこからでも目立つ。
DSC_2582 (1).JPG


★猫のワクチンについて、いろいろとコメントをいただき有難うございます。
ネット上には情報が溢れ、相談する獣医さんによって意見も違いなかなか結論が出せずにいる中、とても参考になりました。
来年病院からワクチンの案内がくる前に、しっかり勉強してこてつに最適な方法を考えようと思います。

nice!(117)  コメント(28) 
共通テーマ:ペット

年に一度の猫試練の日 [こてつ]

こてつ~デザート食べる?
DSC04997 (1).JPG

しっかり食べて・・・。
DSC04996 (1).JPG  DSC04999 (1).JPG

いっぱい遊んでおこう!            
DSC05049 (1).JPG  DSC05050 (1).JPG

・・・ってな感じで、翌朝、耳洗浄とワクチン接種に病院へ行ったのである。
DSC05158 (1).JPG

ひどい目にあったにゃ[猫]
DSC05185 (1).JPG

お耳ジャブジャブされて、最後になんかお尻のあたりがチクッとしたにゃ[猫]
DSC05186 (1).JPG

「ワクチンした日は安静に」と言われたのだが、しばらく落ち着きなくウロウロ。
DSC05196 (1).JPG

猫母を遊びに誘ったり・・・。
DSC05215 (1).JPG   DSC05219 (1).JPG

洗濯機に飛び込んだりしていたが・・・。
DSC05230 (1).JPG

午後になると床に転がって動かなくなってしまった。やっぱり少ししんどそうな様子。
コレでごはんを食べなかったら心配するところだが、キッチリ時間通りに起きてきて完食^^;
DSC05224 (1).JPG

その後は、かあちゃんのお膝ですやすや。
DSC05242 (1).JPG

とうちゃんのお膝でぐうぐう。
DSC05248 (1).JPG
膝をはしごして眠り続けたのである。

ワクチンを接種すると、毎回元気がなくなる。
調べるとアナフィラキシーショックやアレルギー反応の他、発熱や嘔吐などの副作用、悪性の繊維肉腫を発症する心配もあるとのこと。本当に毎年必要なのか、実は以前からかなり悩んでいるのだ。

おまけ。
11月22日はいい夫婦の日。
とりあえずケーキを一緒に食べておくことにした。
DSC04980 (1).JPG
ポム・ルージュ。
紅玉りんごの甘酸っぱいジュレ&紅玉りんごのムース。

DSC04981 (1).JPG  DSC04984 (1).JPG
マクロレンズで無駄に寄ってみる^^;
右はショコラ・モンブラン。
マロンペーストを使ったショコラマロンクリーム。
大好きな栗とチョコの組み合わせだが、ちょっとチョコが勝ちすぎかも・・・。


****************************************
ここからはワクチン接種に関する忘備録。どうぞ読み飛ばしてください<(_ _)>
★ワクチン接種の頻度について
アメリカでは3年に1回で十分という報告があるが、日本と違ってワクチン接種率が70%以上と高い。
結果として伝染病にかかる猫が少なく感染リスクも低いため、ワクチンのデメリットを勘案して「3年に1回」をガイドライントしている。
日本ではまだまだ猫のワクチン接種率が20%程度。そのため「年に1回」を推奨する獣医さんが多く、ペットホテルの利用も「1年以内のワクチン接種」が条件となっていたりする。
ワクチンが動物病院の貴重な収入源になっている事情も考えると、3年に1度で大丈夫、という病院は少ないだろう。こてつがお世話になっている病院も基本は「年1回」だ。
結局のところ、どうするかは飼い主次第。
猫の健康状態、年齢、生活環境などから総合的に判断するしかない。

★生ワクチンと不活化ワクチンについて
毒性を弱めたウィルスを使用しているのが生ワクチン。化学処理などにより死んだウィルスを使用しているのが不活化ワクチン。
生ワクチンは強い免疫を獲得できるが、弱毒化しているとはいえウィルスが体内に入るわけで、最悪の場合発病する可能性がある。
不活化ワクチンば発病の可能性はゼロ。ただし免疫力が上がりにくく持続も短い。そのためアジュバントという免疫獲得を助ける化学製剤が用いられ、これが様々なアレルギー反応を引き起こす要因になっている。(悪性度の高い繊維肉腫の原因だと疑われたが、最近では因果関係不明とされている。)
どちらを選ぶか、これは病院次第の場合が多い。
個人病院で何種類もワクチンを常備しているところは少ない。
こてつのお世話になっている病院でも、3種混合ワクチンは昨年まで不活化ワクチン「フェロバックス3」だけだったのが、今年は生ワクチン「ノビバックTRICAT」に変わっていた。

大切な家族の健康を願って接種するワクチンで、逆に命を縮めてしまうことがないように願うばかりだ。




nice!(129)  コメント(34) 
共通テーマ:ペット

コロコロが好きすぎる猫 [こてつ]

みんにゃ、コロコロって知ってる?[猫]
DSC04468 (1).JPG

頭をグリグリしてもらうと気持ちいいにゃ[猫]
DSC04470 (1).JPG

首もスッキリ、小顔効果抜群にゃ。 ふふん♪[猫]
DSC04474 (1).JPG

猫は自分で舐めてきれいにできるけど・・・
DSC04476 (1).JPG

舌が届かないところはかあちゃんにお任せにゃ[猫]
DSC00044 (1).JPG

たまにはお腹もコロってもらうにゃ[猫]
DSC09316 (1).JPG

かあちゃん、ちょっと荒っぽいのが難点だけど・・・[猫]
DSC04477 (1).JPG

もう~気持ちよくってトロトロにゃ・・・[猫]
DSC04485 (1).JPG

みんにゃも一度やってもらうといいにゃ~[猫]
DSC09864 (1).JPG
こてつのコロコロレポートでした(^▽^;)
ブラッシングは大嫌いで、手に持って近づくと猫パンチで応酬するくせに、変な猫である。
猫用にもう少し小回りのきくタイプをぜひメーカーさんに作ってほしい。
※嫌がる猫さんの方が多数派だと思うので、無理は禁物です!念のため(^-^;

DSC09324 (1).JPG
コロコロの一般名称は粘着カーペットクリーナー。
ホッチキス→ステープラー、マジック→フェルトペンあたりはよく聞くが、QRコード→マトリックス型二次元コード、マジックテープ→面ファスナーは最近まで知らなかった。

おまけ。
スーパーの産直コーナーで買った柿。
DSC04504 (1).JPG
皮を剥いたら黒くてビックリ。
ラベルを見ると「紀の川柿」となっていた。
平種無柿を樹に生ったまま渋抜きをしたものらしい。甘くておいしかった。


DSC_2475 (1).JPG
公園のイチョウ。

DSC_2477 (1).JPG DSC_2479 1 (1).JPG
ここのところの冷え込みで街中でも紅葉本番だ。 




nice!(133)  コメント(29) 
共通テーマ:ペット