So-net無料ブログ作成

ハンモックと猫と靴下と [こてつ]

ハンモック大好き猫こてつ。
DSC07401 (1).JPG
先週ジャンプして上がる写真をご紹介したら「どうやって降りるの?」というコメントをいただいた。
早速猫父スタンパイ。
DSC07464 (1).JPG

スタート!  弓なりの背中が何とも美しい。
DSC07468 (1).JPG  DSC07469 (1).JPG

着地時、前足にかなりの負荷がかかっていると写真でわかった。
DSC07470 (1).JPG  DSC07471 (1).JPG

ハンモックに上がる様子[グッド(上向き矢印)]と降りる様子[バッド(下向き矢印)]を動画(30秒 音あり)でどうぞ!


こてつ6歳。そろそろ大人~シニアに差し掛かる。
今は大丈夫でも大きな衝撃は手足に良いはずもなく、もう少し傾斜の緩やかなキャットウォークに替えた方がいいかもと思案中。
DSC07521 (1).JPG
まだまだ大丈夫にゃ![猫]

DSC07522 (1).JPG
ホントに? 猫手を痛めてないかい??

DSC07359 (1).JPG
かあちゃんに踏まれたから折れたかもにゃ![猫]
猫母、新しい猫靴下を見せたかっただけなのに怒られた^^;

本日の生首はちょっと斜め。
DSC07256 (1).JPG

おまけ。
ベルギービールのお店に行った。
DSC_2237 (1).JPG  DSC_2240 (1).JPG
グリゼット・ブロンシュ。            キルケニー(アイルランド)

DSC_0432 (1).JPG  DSC_0433 (1).JPG
デリリウム・トレメンスとサンフーヤン・ブロンド。
アルコール度数高めなのでグイグイ飲むとやばいことになりそうだ。

DSC_2241 (1).JPG
ビールごとに形の違うグラスが出てくるのも楽しい。

DSC_2244 (1).JPG  DSC_0435 (1).JPG
アテはフィッシュ&チップスとスモークチーズ。
ぱぱっと飲んでささっとお猫様の待つ家へ帰るのが我が家の決まりだ(^▽^;)

nice!(137)  コメント(33) 

梱包用のヒモに夢中な猫 [こてつ]

こてつのごはん要求はダイレクト。まっすぐに下僕を見つめながら付きまとう。
DSC07774 (1).JPG

遊びたいな~と思っている時はちょっと違って、物陰からじっと睨みつけていることが多い。
DSC04592 (1).JPG

洗濯カゴに潜んだり・・・。
DSC07078 (1).JPG

テントの陰に隠れたり・・・よ~し、わかった! こてつ遊ぼう♪
DSC05479 (1).JPG

今日のお相手は、ヨ〇バシカメラの梱包ひも。丈夫で長持ちしている。
DSC06911 (1).JPG

うりうり、取ってみろ~!
DSC06913 (1).JPG

あ~ピンボケ(-_-;)
DSC06914 (1).JPG

うりうり、取ってみろ~!!
DSC07191 (1).JPG

必死のちょっと寄り目が好き^^;
DSC07192 (1).JPG

遊び終わるとまだまだヘソ天だ。
DSC05372 (1).JPG

遠慮しないでお膝で休憩していいんだよ~(^▽^;)
DSC05373 (1).JPG
抱っこ嫌いのこてつ。
膝に乗ってくるのは単純に寒くて下僕をホカペ代わりにしたい時だけだ。
わかっているけれど、ふんわり柔らかい猫が膝の上にいる快感は何物にも代えがたい。

本日の生首。
DSC07130 (1).JPG

おまけ。
週に一度はカレーを食べる。まずは欧風チキンカレー。
DSC_2205 (1).JPG
カレーを食べるとき、ルーの位置は右か左か奥か手前か・・・というアンケートをTV番組でやっていた。
一番多かった答えはルーが右。

DSC_2207 (1).JPG
エビときのこのソテーカレー。
お茶碗で食べる時は左側がごはんだから・・・というのが主な理由だった。
ちなみにこの店はルーが手前(^▽^;)

DSC_2198 (1).JPG  DSC_2201 (1).JPG
手間暇かけて熟成されているらしい。 テーブルにあるらっきょうと福神漬けが食べ放題。
お客さんの年齢層がものすごく高いのに驚いた。
スパイスカレー全盛のこの頃、昔ながらのカレーは若い世代には物足りないのかもしれない。


nice!(125)  コメント(28) 

忍法スリッパ抜けの術と猫 [こてつ]

朝のコロコロエステの仕上げは顔面マッサージ。
気持ちよさそうにのどを鳴らしているので・・・。
DSC06934 (1).JPG

耳折スコティッシュフォールド!
DSC06939 (1).JPG

耳無し芳一!!
DSC06938 (1).JPG

遊ばれたにゃ! お顔くちゃくちゃにされたにゃ!![猫] バリバリ爪とぎでストレス解消。
DSC07195 (1).JPG  DSC07196 (1).JPG

こてつ、とうちゃんお出かけだよ。
DSC07198 (1).JPG

音もなくグレーの縞々が猫父の足元に滑り込んだ。
DSC07207 (1).JPG

とうちゃん、今日は休むにゃ[猫]
DSC07213 (1).JPG

ボクと遊ぶって約束したにゃ~![猫]
DSC07215 (1).JPG

忍法スリッパ抜けの術。 こてつの願いむなしく猫父スリッパ残して出勤。
DSC07216 (1).JPG

朝出かける時。
DSC07218 (1).JPG
知らん顔で寝ていることも多いのだが、たまに鳴きながら追いかけてきたりする。
そんな日は「あ~もう休んでしまいたい!」と叫びつつ、早く帰るからね~と後ろ髪ひかれまくりの出勤となる。

おまけ。
モンブラン第2弾は「ル・ピノー」。
DSC07106 (1).JPG
口いっぱいに広がる栗♪ 上にも中にも渋皮栗。
美味しいモンブランは他にもあるけれど、シンプルに栗を楽しみたいならコレかな~。

DSC07117 (1).JPG
紫芋モンブラン。
土台にチョコサブレ、生クリーム&たっぷりの紫芋クリームの中には大きなさつまいも♪

DSC07118 (1).JPG
ル・ピノーのケーキは価格が300円台(税抜)。とてもリーズナブル。
その中でこの2つが飛びぬけて美味しいと思うのである。


nice!(119)  コメント(34) 

ハンモックの季節到来と猫 [こてつ]

涼しくなってこてつの滞在時間が長くなったハンモック。
DSC06578 (1).JPG

行くにゃ![猫]                 ジャ~ンプ!
DSC06748 (1).JPG  DSC06749 (1).JPG

もう一息!  猫の素早くしなやかな動きを撮るには連写の助けが必要だ。
DSC06750 (1).JPG  DSC06751 (1).JPG

一気に最上階へ駆け上がり、玉座におさまってドヤ顔。
DSC06752 (1).JPG  DSC06649 (1).JPG

湯船で「ごくらく、ごくらく♪」とつぶやくおじいちゃんに見えなくもない^^;
DSC06760 (1).JPG

下僕が侵入出来ないハンモックはこてつの安全地帯・・・のはずなのに、。
チョッカイだされて迷惑そうだ^^;
DSC06657 (1).JPG  DSC06668 (1).JPG

高いところへ登るだけでなく、俄然動きがよくなってきた。
DSC04376 (1).JPG

油断大敵。夏の間床に伸びていた生き物と同じだと思ってはいけない^^;
DSC04339 (1).JPG

まん丸目で常に下僕を出し抜こうと狙っている。
DSC04997 (1).JPG

おまけ。
たくさん買った100均の豆皿。本当に小さくて使いづらくて・・・苦肉の策、梅干を置いた^^;
DSC06621 (1).JPG

芋、栗が美味しい季節。
時々近所のスーパーに並ぶようになった大好きな芋ようかん。
DSC06428 (1).JPG

甘いキャラメルコーンが大学いも味でさらに甘く^^;  栗のきんつばも初めて食べた。
DSC04635 (1).JPG  DSC05598 (1).JPG
夏はビールで太り、秋はお菓子で太る。
アレルギーや好き嫌いが無いのは幸せだが、体重管理はとても難しい^^;

nice!(132)  コメント(32) 

ヤドカリ猫と遊ぶ [こてつ]

最近気に入っているのが猫本付録テントでのおこもり遊び。
DSC06180 (1).JPG

中に潜んで下僕がやってくるのをじっと待つ。
本猫は完璧に隠れて待ち伏せしているつもり。 丸見えである^^;
DSC06171 (1).JPG

ていっ![猫]    キラキラボールに即反応。
DSC06172 (1).JPG

ぱくっ! ウツボのようだ^^;
DSC06165 (1).JPG

最終的には我慢できずに飛び出してくる。
DSC06192 (1).JPG  DSC06195 (1).JPG

その様子を短い動画でどうぞ。(音無し、17秒。スローモーションあり)

こてつは待ち伏せのため動かず、下僕がボールを拾いに走り回る。
遊び係の猫母のいい運動になる。
DSC06154 (1).JPG


おまけ。
休日ランチは公園横の気軽なレストラン「らきせぶ」へ。
DSC_2158 (1).JPG
生ハムのフレッシュサラダ。

DSC_2164 (1).JPG
昼間からビールが飲める幸せかな♪

DSC_2171 (1).JPG
限定10食のビーフストロガノフ。酸味が効いて濃厚♪

DSC_2167 (1).JPG

サーモンとセロリのトマトパスタ。
DSC_2174 (1).JPG   DSC_2181 (1).JPG
100%オレンジジュースに100%リンゴジュース。ロータスビスケット付き。

お店はオープンキッチン。
料理する様子がカウンター席からぜ~んぶ見える。
手際よく料理できる自信がなければ、このレイアウトには絶対できない^^;

nice!(134)  コメント(25) 

ジャック・オー・ランタンと猫 [こてつ]

この顔、どこかで見たことがある!
DSC05582 (1).JPG

ハロウィンのカボチャだ(*^▽^*) ちらキバが一緒♪
DSC06594 (1).JPG

決して「ジャック・オー・ランタン顔」を無理強いしてはいないので誤解なきよう^^;
DSC06239 (1).JPG

こてつはコロコロエステが大好きなのだ。
DSC02964 (1).JPG

朝の貴重なスキンシップ時間。
DSC06443 (1).JPG

隙を見て・・・キツネ顔!! こんなことするから噛まれるのだ。自業自得。
DSC06446 (1).JPG

猫の顔で遊んじゃダメにゃ![猫]   生首が怒ってる^^;
DSC06449 (1).JPG

エステの後はひと運動。
DSC03055 (1).JPG

小さなハチのオモチャを口でキャッチ。
DSC03061 (1).JPG

この遊びにも飽きてきたようでテンションが今ひとつ。下僕の知恵のしぼりどころだ。
DSC03063 (1).JPG

おまけ。
今シーズン初モンブランはGOKAN。
DSC05939 (1).JPG  DSC05933 (1).JPG
国産和栗のモンブラン。            国産和栗のショートケーキ。

DSC06589 (1).JPG
またまたセリアで見つけた豆皿。もう買わない・・・と思う^^;

DSC06590 (1).JPG
金属製のカーテン用クリップ。同じくセリアで見つけた。
布製のタッセルをこてつがオモチャにして噛むので長らく使っていなかった。

DSC06601 (1).JPG
これなら大丈夫・・・だよね??




nice!(134)  コメント(36) 

猫本の付録に夢中な猫 [こてつ]

涼しくなって絶好調のこてつ。
DSC05171 (1).JPG

黒目も全開。
DSC05101 (1).JPG

突撃にゃ![猫]  カメラマン猫父、逃げずによく頑張った(^▽^;)
DSC05102 (1).JPG

猫本付録、スシローとコラボした「だっこずし釣り竿猫じゃらし」に夢中。
DSC05079 (1).JPG  DSC05105 (1).JPG

ねこのきもちさん、ありがと~♪
DSC05144 (1).JPG

逃げられたにゃ![猫]
DSC05160 (1).JPG

捕まえたにゃ~っ![猫]
DSC05186 (1).JPG

お尻尾ピーンで得意満面。
DSC05187 (1).JPG
猫本を買い始めて6年、今月が年間購読の更新月だ。
正直、本の内容に目新しい情報はもうほとんどなく、どうしようか迷っていたところ。
が、このタイミングで付録にスマッシュヒットを放たれると・・・。
早速、更新手続きをしてしまった猫バカ親だ(^▽^;)

本日の生首。
DSC05247 (1).JPG

しつこくカメラを構えていたら怒られた。
DSC05249 (1).JPG
あっち行けにゃ![猫]              す、すみません[あせあせ(飛び散る汗)][ダッシュ(走り出すさま)]

おまけ。
ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展を見に、国立国際美術館へ行ってきた。
DSC05918 (1).JPG  DSC05924 (1).JPG

旧約聖書に出てくる巨大な塔を描いた作品。
人類がバビロンに天まで届く塔を建てようとしたら「高慢だ!」と怒った神様が、それまで1つだった言語を通じないようにし、そのためヒトは工事をあきらめ散り散りになった、という「そんなご無体な~」というお話だ^^; 今世界中でいろいろな言語が話されているのはそのせいらしい。
DSC05912 (1).JPG
描かれている塔の高さはおよそ510m。東京タワーよりも高く、通天閣は足元にも及ばない。
この作品、ものすごく細密で中には1400人ほどの人が描かれているそうだ。
しかし、作品自体それほど大きくはない。
並んで最前列で見たけれど細部までよく見えないのが実情。
代わりに3Dシアターや300%拡大した複製画などで確認できるように工夫されていた。

DSC05917 (1).JPG
「AKIRA」で知られる漫画家・映画監督の大友克洋さんの「INSIDE BABEL」。
バベルの塔を内部を大胆な解釈で描き上げた作品。

DSC05915 (1).JPG  DSC05916 (1).JPG
展覧会マスコットの「タラ夫」。
ブリューゲルの銅版画「大きな魚は小さな魚を食う」という作品から生まれた。
ゆるキャラコンテストにもエントリーしているらしいが・・すね毛のゆるキャラって・・^^;

DSC05914 (1).JPG
なんとLINEスタンプもある(^▽^;)
銅版画にはタラ夫のような怪物(モンスター)や頭足人間(グロリス)など異形の生き物がいっぱい。
気持ち悪い~!でも見たい~!の連続だった。
その他、奇想の画家ヒエロニムス・ボスの油彩画など、16世紀ネーデルランドの絵画、彫刻が揃っていた。


nice!(139)  コメント(29) 

生首写真と猫 [こてつ]

こてつの生首写真、どうやって撮ってるの~というコメントがありましたので少しだけご紹介。

<条件1>
猫がつちのこ状態で床に伸びること。蒸し暑い夏場がチャンス。
DSC08510 (1).JPG

<条件2>
猫の手が体の下に隠れていること。
この写真のようにアゴを乗せている猫手が見えると生首感が足りなくなる。DSC09334 (1).JPG


<条件3>
顔から足までできるだけ一直線になっていること。
DSC05127 (1).JPG

あとは広角寄りのレンズ(我が家はフルサイズ換算で24mm、実際には36mm)で、顔の正面でできるだけ近づいて猫の機嫌が悪くなる前にさっさと撮り終えればOK。広角レンズは近く物は大きく、遠くのものは小さく写るデフォルメ効果で顔が大写しになり、生首(顔だけ猫)写真になる・・らしいです。
Wikipedia調べ(広角レンズ)

もう一つ、コツとしては絞りを開放にして後ろをぼけやすくすると背景がよくわからんようになって余計に生首感が増します。そうです。要するに大したことはやっていません(^▽^;)
DSC02534 (1).JPG

写真はもういいから遊ぼうにゃ~っ!![猫]
DSC05242 (1).JPG

涼しくなってキャットタワーにもよく駆け上がるようになった。
DSC05651 (1).JPG  DSC05653 (1).JPG


おまけ。
DSC05729 (1).JPG
ちぃさんのブログで100均セリアに猫皿があると知って行ってきた。

DSC05731 (2).JPG
小さな醤油皿ばかり買ってどーすんねん!と自分自身に突っ込みを入れながら・・・。

DSC05733 (2).JPG
結局みんな買ってしまった(^▽^;)
猫グッズが加速度的に増殖している我が家だ。


nice!(126)  コメント(32) 

やっぱり猫は小さな猛獣 [こてつ]

猫は小さな猛獣。
DSC04801 (1).JPG

子供の頃、親戚の家で猫がスズメを捕まえたのを見てビックリしたのを思い出した。
DSC04798 (1).JPG

改装で大幅に猫グッズが増えたホームセンターのペット用品売場。
さっそくこてつのオモチャを物色。
DSC04792 (1).JPG

見つけたのは珍しく日本製。
高い・・でも喜ぶかも・・結局買うのに悩む猫バカ親^^;DSC04786 (1).JPG
結果はご覧のとおり大当たりだった\(^o^)/
DSC04813 (1).JPG

バキバキ音をたてて噛み始めたので急いで回収。すでに羽が1本ちぎれ落ちていた。DSC04818 (1).JPG
こてつが今のサイズで本当に助かった。
もともと肉食の猫。
ラブラドールぐらい大きかったら、間違いなく食われていたと思う^^;

DSC04965 (1).JPG
獲物を狙う野生と、天使の寝顔。

DSC04966 (1).JPG
ぷにぷにの肉球と鋭い爪。
そのギャップに下僕はメロメロになってしまうのだ。

DSC04846 (1).JPG
本日の生首。
今回は顔だけ感がよく出て満足な一枚♪

おまけ。雨上がりの公園。ニチニチソウがたくさん。
DSC_2122 (1).JPG  DSC_2123 (1).JPG

少し涼しくなって我が家の玄関先でも白いのが満開だ。
DSC_2125 (1).JPG DSC_2128 (1).JPG  

夏の名残、サルスベリ。            色鮮やかなサンゴジュ。DSC_2065 (1).JPG  DSC_2069 (1).JPG

★アイシア極楽猫カレンダーフォトコンテストの結果通知が届きました。
残念ながら「落選」[バッド(下向き矢印)]
https://www.aixia.jp/gokuraku/d.php?id=0000023647
応援いただいたみなさま、ご協力ありがとうございました。また来年頑張ります!

「極悪」猫カレンダーならいい写真がたくさんあるのにな~(^▽^;)




nice!(117)  コメント(27) 

ヤドカリみたいな猫 [こてつ]

猫のボール遊び。
転がして追いかけてが普通なのだが、こてつはガジガジ噛んで食べてしまうので一人遊びはさせられず。
下僕が投げ、こてつアタックが我が家の遊び方となった。

右からでも左からでも、かかって来いにゃ![猫]
DSC03964 (1).JPG  DSC03974 (1).JPG

かあちゃんのボールなんてちょろいもんにゃ![猫]    おっとミスキャッチ。
DSC04008 (1).JPG  DSC03975 (1).JPG

調子に乗っていると・・・顔面直撃!
DSC04026 (1).JPG

どうだ、かあちゃんの速球、思い知ったか~!(*^▽^*)
DSC04263 (1).JPG

反撃されると極端に弱いこてつ。
DSC04264 (1).JPG

オモチャがぶつかったり、ヒモが尻尾に巻き付いたりすると一気に戦意喪失してしまう。
DSC04266 (1).JPG

そんな時はヤドカリになっておこもり。
DSC04273 (1).JPG

かわいいヤツよ(^▽^;)
DSC04274 (1).JPG


おまけ。
冷酒が飲みたいこの頃、うどん屋さんへGO。
DSC_2100 (1).JPG

とり天、ちくわ天でまずはビール。クリーミーな泡が最高。
DSC_2097 (1).JPG

うどん出汁で煮込むおでん。
DSC_2099 (1).JPG

風の森「露葉風」純米大吟醸(奈良)・・・ 酸度高め、さっぱり。
山形正宗 純米吟醸(山形)・・・ 旨みスッキリ。
菊姫「にごり酒」(石川)・・・ 飲みやすい、危険。
DSC_0358 (1).JPG  DSC_2114 (1).JPG

天かすトッピングの冷奴。
DSC_2113 (1).JPG 

つるつるっ!とうどんでシメて、明るいうちに簡単夕食終了。
DSC_0367 (1).JPG
家でお腹空かせて待っている猫がいると思うと、飲み始めてもスグ切り上げるようになった。
猫母が泥酔しなくなったのは、こてつのおかげである^^;


nice!(137)  コメント(32)